イメージ

群馬県で出会ったセックスフレンドは、温泉宿の未来の若女将

宮崎県延岡市在住 W.Gさん(30歳)

群馬県の草津に出張と言えば…アフターは温泉で十分だと思うだろう…僕もそう思う。ソコは日本有数の温泉街だ…何を困る事があるものか。前日が休みだった事もあり、どうせならと自分で宿を取り、温泉気分に浸ろうと思った。…で、やっぱり出会い系サイトを駆使するわけであるw草津で登録をして…「いい宿ないかな?」みたいな書き込みをした。何件かResが付いた中に「うち温泉旅館やってるよ」と言うのが目にとまった。

早速返事をしてみると…「沙希」と言う都内の短大に通う女の子で、自分は温泉旅館の娘なのだと言う。ウソか本当か分からないまでも…出された温泉旅館の名前を頼りに、ネット予約をしてみる事にした。調べてみると…ネット予約も利き、独自のホームページなども充実している、ちゃんとした旅館だった。旅館はOKだが…「学校が休みなので、実家で手伝いをしている」と言うのが…果たして本当なのか…こっちが疑わしい?

もっとも「沙希」が、その宿を推す理由は無い…出会いを期待し草津に出向いた。で…チェックインの際にフロントにいたのが…他ならぬ「沙希」だった。宿帳に書いた僕の名前を見ると「ニヤッ」と笑い…そ知らぬ振りで手続きをしている。そして、ほんの一瞬「…あとでメールするね」と言った。「お客の部屋に呼ばれてはいけない」とか「お客と飲食をともにしてはいけない」とか…色々と制約があるらしい。休みを含めた4日間の出張中「沙希」とは宿以外の待ち合わせ場所からラブホ…と言う形で会っていた。

一人娘で、親が言うには、将来的には婿を取って旅館を継ぐのだとか…「旅館継ぐのは嫌じゃないんだけど…やっぱ遊びたいしw」と笑う。たまに出会い系で遊んでいるようだが…「Sさんって…また草津に来る?」…「来たら、絶対ウチに泊まってね」と念をおされた。「家はさ、あたしが継げばイイんで…婿じゃなくてもいいのよねぇw」とフロントで会ったときのように「ニヤッ」と笑った…